教会の概要

正式名称

日本同盟基督教団 国立キリスト教会
※当教会はプロテスタント教会です。エホバの証人・ モルモン教・統一協会とは関係がありません。

教会の歩み

1963年、東京都杉並区にあった神学校(当時は日本クリスチャンカレッジ)がこの国立市に移転して、そのチャペルを使った礼拝が毎週日曜日にささげられるようになりました。当初は、宣教師、神学生、学校職員が中心でしたが、やがて近隣に住む方々、子どもたちも集うようになり、国立キリスト教会が誕生しました。

1989年、神学校(東京基督教大学)の千葉県移転に伴い、教会は現在地を取得し、継続して地域への宣教活動を推進してきました。

2000年に現在の教会堂に建て替え、地域とのつながりをより深められるように願っています。

スタッフ紹介

主任牧師 小川 真 Makoto Ogawa

1979年名古屋生まれ。軽井沢の小中学校と青森の高校に通う。山梨大学工学部で環境問題を学び、二酸化炭素濃度の増加について研究。大学院修了後にシステム開発の会社で働く。
2006年に関東地区キリスト者学生会主事となり、2009年から東京基督神学校で学ぶ。
2012年3月に卒業し、世田谷中央教会伝道師。同年、再びキリスト者学生会主事に。
2020年4月から国立キリスト教会牧師。
平日は、職場訪問や合宿などをして過ごす。家族は妻と息子3人(小3、年長、2歳児)。
趣味はスノーボード(ジャンプはできない)と、iPhoneとMacでつける家計簿、ドラム。

牧師 本澤敬子 Keiko Honzawa

国立キリスト教会に来て20数年、サラリーマンの夫と大学生の息子、娘がいます。アメリカの神学校で学び、おもに子どもたちから成人までの聖書教育にかかわっています。キッズユースと元気に賛美するのが大好き、音楽を演奏するのも大好きです(ちっともうまくありませんが)。
聖書は読めば読むほど味がある書物です。聖書を読むことを通して、たくさんの方に「神様は生きておられ、私と関わってくださる愛のお方」だと知っていただきたいと願っています。聖書は神様がくださった私たちへのラブレター、ということは、私たちは神様に愛されているということ。ご一緒に聖書を学びませんか。聖書はきっとつらいとき、苦しい時のあなたの助けになります。