教会の概要

正式名称

日本同盟基督教団 国立キリスト教会
※当教会はプロテスタント教会です。エホバの証人・ モルモン教・統一協会とは関係がありません。

 

子どもと大人いっしょの礼拝 毎週日曜日 11:00-12:30

毎週日曜日、皆で教会に集まり、神様に賛美と礼拝をささげます。私たちの教会の礼拝は、オルガンとピアノで奏楽をするオーソドックスな礼拝です。神様の前に静まることで騒がしい心が落ち着き、生きる力が出ます。子ども向けにもメッセージがあり、子どもも大人もいっしょに礼拝をささげています。はじめての方でもお気軽にご参加いただけます。

夕礼拝 毎週日曜日 19:00-20:00

2020年度1年間は休止します。再開はまたご案内いたします。

教会学校 毎週日曜日 10:00-10:45

礼拝前の45分間、聖書の学びの時間をもうけています。

<幼稚科・小学科>

ライオンクラス(幼児)、ダビデクラス(小学校低学年)、パウロクラス(小学校高学年)

それぞれ聖書に出てくることばから、子どもたちがつけたクラス名です。子どもたちにイエス様を信じて、天地を造られた神様を信頼して歩んでほしいと願っています。すてきなスタッフたちの導きで、聖書にしたしみ、みことばを覚え、お祈りを自分のことばでささげられるようになります。

<ユース(中高・青年)>

神様をたたえる歌(ワーシップソング、ゴスペルソングなど)を歌うのが大好きなユースたちの集まりです。聖書のことばが毎日の生活にどう関係するのか一緒に考えたり、1週間あったことを分かち合ったり、お互いのために祈り合ったりします。たまに朝からお菓子を食べています。クラスが終わると、みんな礼拝に出席します。

<成人科>

大人のためのバイブルクラスです。聖書のことばやクリスチャンが書いた本をベースにしたテキストを使って、一緒に神様の愛や真理に感動したり、聖書のことばと生活を結びつけることを考えたり、生活の中でいただいた神様からの恵みをお互いに話したりしています。はじめての方でももちろんご参加いただけます。

祈り会 毎週水曜日10:30-12:00

賛美歌を歌い、短い聖書の学びをして、一緒に神様にお祈りをささげる時です。それぞれが神様にお祈りしたい内容を分かち合ったり、教会全体のお祈りの内容をお聞きしたりして、そのことのためにお祈りします。神様は私たちの祈りを聞いておられ、最善をなしてくださると信じてお祈りしています。

キッズほさな 月1回日曜日(原則として第三日曜日)14:00-15:30

子どもたちが集まって、お菓子を作ったり、工作をしたり、ゲームをしたりして楽しく過ごします。聖書のお話を聞く時間もあります。わいわいがやがや、楽しいですよ。子どもなら、はじめてのおともだちでも来られます。ぜひきてくださいね

その他の集会

青年会

ボーリングをしたり、クレープパーティーをしたりして親睦を深めています。多くのメンバーは、日曜日朝のユースクラスで、近況を報告し合い、お互いのために祈っています。年に数回、礼拝で賛美のご奉仕をささげています。個性豊かな男子と女子が集まっている楽しい集まりです。

女性会

年に数回礼拝後昼食を共にしながら、日々のできごと、悩み、感謝などをシェアし、お互いのために神様に祈る時を持っています。
また、お花見、ピクニック、ボーリングなど教会外でのお楽しみに加え、昨年からはクリスマスをお祝いする会も行っています。
隔年で近くの教会と合同で開催される集いにも参加をしています。
どなたでもお気軽にご参加ください。

メンズクラブ

メンズクラブはもう青年会ではないが心は青年の男子の集まりで、様々な趣味・経歴、職業、年代の仲間が集まっています。
メンズクラブのメンバーは家庭や社会ではリーダーな役割を担い、ストレスも多く、時として孤独になりがちですが、教会では神様に愛され赦された者として心を開き、互いに理解しあい、祈りあい、支えあえるように、共に歩んでいます。
2?3ヶ月に1回日曜日の昼食から午後にかけて、近況を報告しあうだけでなく、一緒にドイツゲームや卓球をしたり、鍋を囲んだり、時には教会の外に出て温泉に浸かったりと、お互いの理解と友好を深められ、どなたでも参加できる企画が盛り沢山です。
皆様の参加を心からお待ちしています。

 

教会の歩み

1963年、東京都杉並区にあった神学校(当時は日本クリスチャンカレッジ)がこの国立市に移転して、そのチャペルを使った礼拝が毎週日曜日にささげられるようになりました。当初は、宣教師、神学生、学校職員が中心でしたが、やがて近隣に住む方々、子どもたちも集うようになり、国立キリスト教会が誕生しました。

1989年、神学校(東京基督教大学)の千葉県移転に伴い、教会は現在地を取得し、継続して地域への宣教活動を推進してきました。

2000年に現在の教会堂に建て替え、地域とのつながりをより深められるように願っています。

スタッフ紹介

主任牧師 小川 真 Makoto Ogawa

1979年名古屋生まれ。軽井沢の小中学校と青森の高校に通う。山梨大学工学部で環境問題を学び、二酸化炭素濃度の増加について研究。大学院修了後にシステム開発の会社で働く。
2006年に関東地区キリスト者学生会主事となり、2009年から東京基督神学校で学ぶ。
2012年3月に卒業し、世田谷中央教会伝道師。同年、再びキリスト者学生会主事に。
2020年4月から国立キリスト教会牧師。
平日は、職場訪問や合宿などをして過ごす。家族は妻と息子3人(小3、年長、2歳児)。
趣味はスノーボード(ジャンプはできない)と、iPhoneとMacでつける家計簿、ドラム。

牧師 本澤敬子 Keiko Honzawa

国立キリスト教会に来て20数年、サラリーマンの夫と大学生の息子、娘がいます。アメリカの神学校で学び、おもに子どもたちから成人までの聖書教育にかかわっています。キッズユースと元気に賛美するのが大好き、音楽を演奏するのも大好きです(ちっともうまくありませんが)。
聖書は読めば読むほど味がある書物です。聖書を読むことを通して、たくさんの方に「神様は生きておられ、私と関わってくださる愛のお方」だと知っていただきたいと願っています。聖書は神様がくださった私たちへのラブレター、ということは、私たちは神様に愛されているということ。ご一緒に聖書を学びませんか。聖書はきっとつらいとき、苦しい時のあなたの助けになります。