7才の時、「近くに教会ができたから一緒に行ってみよう」と母に誘われたのが最初です。賛美歌を歌うのが楽しかったこと。一か月休まずに出席すると美しいカードをもらえたこと。それが続けて行かれた要因です。聖書を学ぶうちにイエス・キリストの素晴らしさに惹かれていき、大学3年のとき参加したバイブルキャンプで、自分の罪の解決者としてイエス・キリストを心にお迎えしました。

目には見えないけれど、つらい時、病気の時、イエス・キリストは私のそばにいつもいてくださり、今日にいたるまでを支えてくださっています。