「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これがキリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(新約聖書 テサロニケ人への手紙第2 5章16節~18節)

帰宅途中の電車の中や就寝前に一日を振り返るときに、この聖書のことばを念頭に置いています。嫌なこと数え上げれば気が滅入るし、どうしても自分や他人を責めてしまう弱い自分がいる。でも、良かったこと、うれしかったこと等を探してみると、ひとつやふたつは必ずあるものです。その恵みに気づき、神様に感謝! 良いことも悪いこともすべての出来事の意図することは、私には理解できませんが、神様には深い意味があってなさっています。神様は私達一人ひとりを愛し、大切に思ってくださっていることに感謝しています。