「望みを抱いて喜び、患難に耐え、絶えず祈りに励みなさい。」(新約聖書 ローマ人への手紙12章12節)

人間関係がうまくいかず、不安・葛藤・欲求不満などに陥った時に、神に祈ることができなくなりました。けれども、この聖書のことばを読んで、それでも祈ることで、だんだんとわだかまりが取れ、我慢する忍耐が養われたように思います。そして、ほかの聖書のみことばから神様のご愛がわかるようになり、相手に対して、共感が持てるようになりました。